脂肪と聞いて、女性で良いイメージを抱く人は少ないと思います。女性の場合は特に、皮下脂肪、内臓脂肪など、身体について欲しくないと考える人の方が多いでしょう。

 

その嫌なイメージの脂肪には、働きによる分類があるのをご存じでしょうか。皮下脂肪や内臓脂肪というのは、脂肪の蓄積される部位による分類です。

 

働きによって脂肪を分類すると、

  1. 「白色脂肪細胞」
  2. 「褐色脂肪細胞」

に分類することが出来ます。

 

白色脂肪細胞は、私たちが普通にイメージする脂肪細胞の働きをしています。血液中の糖や中性脂肪分が多くなれば、その成分を蓄えておく脂肪の細胞です。したがって、高カロリー食で糖分や脂肪の多い食品を摂取し続けると、この白色脂肪細胞に余分なエネルギーを蓄積させて脂肪細胞が大きくなり、俗に言う「太った」状態になるのです。

 

もう一つの褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の数としては、白色脂肪細胞より格段少ないもので全体の1~5%程度です。その働きは、熱生産や脂肪燃焼に関与します。脂肪なのに、脂肪を燃焼する不思議な脂肪細胞なのです。もともと、この褐色脂肪細胞は、筋肉由来の細胞であることも判明しています。

 

この褐色脂肪細胞は、体の全身にあるのではなく、特に肩甲骨周辺の背中に多く存在します。皆さんも、食事をしたら体が熱くなってくるのを感じる時があると思います。自分自身でしっかり観察してみると、食事をしてから最初に体で熱くなってくる部分は、背中などが中心になるのが分かると思います。それは褐色脂肪細胞が多く存在しているからです。

 

また、褐色脂肪細胞は、運動や食事をなど体を動かすことで活性化され、その機能を発揮し始めるのです。食事や運動で機能が発揮?と、疑問を感じた方もいらっしゃるかも知れません。運動は自分自身の筋肉を動かし、身体の発熱を起こします。食事も、食品を摂取し、体内の消化機能を動かすことで身体の発熱を起こすのです。

 

私たちは認識していませんが、食事し食物を消化することも、多くのカロリー消費を起こしているのです。

 

さて、脂肪細胞のそれぞれの機能が分かったところで、さらに脂肪細胞の分化についても考えてみましょう。太ることを「脂肪が増えた」と表現する日本人が多いのではないでしょうか。しかし、正確には脂肪細胞の数が増えることはありません

 

太るとは、脂肪細胞が肥大化する、つまり大きくなることを医学的には指します。先ほども説明したように、消費カロリー以上のカロリー摂取をすると、白色脂肪細胞内にある脂肪エネルギーの蓄積袋のような脂肪滴と呼ばれる部分に、脂肪エネルギーの塊のようなものが増えて、どんどん蓄えられていくのです。もちろん、この蓄えられたエネルギーは、身体のカロリーが不足したら放出されエネルギーとして消費され、なくなっていきます。

 

しかし蓄積され続けると、どんどん脂肪細胞は大きく肥大します。そして、その肥大した脂肪細胞を皮膚の表面に確認できるもの部分を「セルライト」と呼びます。

 

最初に、セルライトを認識し世間に広めた人物は、欧米のエステティックサロンの経営者とも言われています。日本でも、ダイエットブームに乗って、言葉の認識が広まり、現在では多くの方が知っています。

 

セルライトとは、ご説明してきたように、何か別の組織が出来て皮膚が凸凹になった訳ではなく、単に肥大化した(大きくなった)脂肪細胞の集まりが、肉眼から確認出来るようになった状態だと言えます。

 

人間の皮膚組織は、皮膚の表面から表皮組織、真皮組織、皮下組織に分かれていますが、全ての組織をまとめた厚みは、ほんの1mmにも満たないのです。従って、大きくなった脂肪細胞を人間の皮膚で見えないように隠す事は難しく、肥大した脂肪細胞の集まりが凸凹に見えてしまうのです。

 

セルライトは、もともと皮下脂肪組織の多い女性に多く見られます。そして、出来やすい部分は、皮下組織の多い臀部や腹部、大腿部内側などが多くなります。その部分に脂肪細胞が多く集まっているからです。同様に手の甲や背中などにセルライトが出来ないのは、もともと脂肪細胞が少ないので脂肪細胞が肥大することがないからです。

 

では、出来てしまったセルライトはどのようにしたら、なくなったり、目立たなくなったりするのでしょうか。最も有効な手段は、脂肪細胞が小さくなるほど痩せる事です。そうすれば、皮下組織の下で凸凹になるほど大きくなってしまった脂肪細胞の一つ一つが小さくなり、滑らかになったように見えます。

 

もっと分かりやすく比喩表現すると、部屋の中にバランスボールをぎっしり置いて上から見ると凸凹に見えると思います。逆に、小さなゴルフボールと部屋中にぎっしり置いて上から見ると、白い塊に感じて表面は滑らかに見えます。太ったバランスボールのような脂肪細胞を、ゴルフボールのように小さな脂肪細胞に変化させると、その部分の皮膚表面は滑らかになるのです。

 

しかし、脂肪細胞を小さくするほど痩せるのは大変な減量が必要です。食事制限も必要ですが、痩せるための王道として痩身エステを利用するのも確実な方法の一つです。

 

痩身エステを利用することで、食事面の的確なアドバイスを受けることも出来ます。その上で、痩身エステでは、肥大化した脂肪細胞であるセルライトを目立たなくする確実なエステを受ける事が出来ます。

 

痩身エステの店舗数は地域差がありますが、埼玉にはセルライト除去を専門的に扱う痩身エステ店舗が多くあります。

 

 

具体的なエステの施術として、脂肪細胞を活性化するためのマッサージがあります。マッサージをすることで脂肪細胞に直接働きかけるだけでなく、脂肪細胞の周りに蓄積された老廃物もマッサージをすることでリンパへ流すことが出来ます。老廃物の除去により、血行も良くなり脂肪細胞の中の不要なエネルギーである脂肪滴を少なくすることが出来るのです。

 

また、様々な美容機器を利用してセルライト部分を暖めて、マッサージと同様に血流を良くする方法もあります。さらに、血行促進し脂肪細胞を小さくする目的のジェルの塗布などもあります。 

 

先ほどもお伝えしたように、埼玉の痩身エステ店では、これらの多くの施術を組み合わせて脂肪細胞に直接働きかける店舗が沢山あります。埼玉で良い痩身エステを探す方法をしては、店舗の説明の中に、先ほどお伝えしたマッサージや美容機器の取り扱いなどがあることを確認することが大切です。

 

痩せるために自分自身でマッサージして、セルライトに働きかけて脂肪細胞を小さくすることも出来ますが、痩身エステを利用することで確実に脂肪細胞を小さくすることが出来ます。自分自身では、臀部やその臀部下、太ももの内側や後ろ側などはマッサージが難しいのが現状です。手の届きにくい部分を、均一にマッサージすることは素人には難しいのです。

 

痩身エステのスタッフは、施術に際しては多くの知識も兼ね備えています。痩せるための食事指導や栄養管理方法、代謝アップの方法や運動などもあります。何事も専門家に任せることは、成功の確実な第一歩なのです。痩身エステを利用したことのある方は、確実な減量が行えることをご存じでしょう。そして、自己流との大きな違いもご存じでしょう。

 

女性は一生、ダイエットとは縁を切ることは難しいですね。痩身エステを上手に利用して、苦しく辛いダイエットとは縁を切りましょう。滑らかで、つい触りたくなるような素敵な皮膚状態を取り戻しましょう。